朝霞和光資源循環組合

生活環境影響調査

生活環境影響調査

本業務は、朝霞和光資源循環組合が新たなごみ広域処理施設を整備するに当たり、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づく生活環境影響調査を実施し、施設周辺の生活環境への影響を未然に防止することを目的とするものです。

調査は、「廃棄物処理施設生活環境影響調査指針」(平成18年9月改訂、環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)に基づき、大気質、騒音、振動及び悪臭、植生、景観等について、令和3年7月から実施しています。

事業スケジュール

※ 縦覧の期間や説明会の日時などの情報については、決まり次第、市や組合のホームページでお知らせします。

※現地調査スケジュールは上表のとおりです。

現地調査の概要