朝霞和光資源循環組合

施設建設検討委員会

ごみ広域処理施設建設検討委員会について

朝霞和光資源循環組合ごみ広域処理施設建設検討委員会は、ごみ処理広域化基本構想を踏まえ、朝霞市と和光市のごみ広域処理施設の整備方針等について検討を行います。

令和3年8月19日(木)には第1回ごみ広域処理施設建設検討委員会委員を開催しました。

     (諮問書受け渡しの様子)
    左から柴﨑管理者、荒井委員長

荒井 喜久雄 (公益社団法人全国都市清掃会議 技術指導部長) ※委員長
宮脇 健太郎 (明星大学理工学部総合理工学科 教授)
酒井 辰夫 (埼玉県環境部西部環境管理事務所 所長) ※副委員長
小池 貴訓 (朝霞和光資源循環組合議会議員)
伊藤 妙子 (朝霞和光資源循環組合議会議員)
神田 直人 (朝霞市 副市長)
大島 秀彦 (和光市 副市長)
清水 豊 (朝霞市 市民環境部長)
伊藤 英雄 (和光市 市民環境部長)
松尾 哲 (朝霞市自治会連合会 会長)
田中 誠 (和光市自治会連合会 理事)
内山 直人 (市民公募)
及川 輝彦 (市民公募)
大村 相哲 (朝霞地区四市廃棄物処理協会)
志村 浩明 (朝霞地区四市廃棄物処理協会)

委員は15名で構成され、上記の者が委嘱されました。

 

委員会開催予定及び結果について

会議は原則公開を予定していますが、会議に諮って決定いたします。

<傍聴手続>
 ・傍聴をご希望の方は、会議の開催時刻までに会場にお越しください。
 ・会場で受付を行います。
 ・受付開始時刻は、会議開催時刻の10分前からです。
 ・傍聴の受付は先着順に行います。
 ・会場の都合により、傍聴人数には制限があります。


第3回朝霞和光資源循環組合ごみ広域処理施設建設検討委員会

<日時>
 令和3年11月25日(木)午後2:00から
<場所>
 和光市役所6階 602会議室
<議題>
 1.施設整備に係る内容について
   ・処理方式
   ・事業方式・範囲・期間について
 2.メーカーヒアリング・市場調査内容について
 3.その他
 <会議資料及び会議録>
 こちら

第2回朝霞和光資源循環組合ごみ広域処理施設建設検討委員会

<日時>
 令和3年10月21日(木)午後2:00から
<場所>
 和光市役所3階 全員協議会室
<議題>
 1.施設整備計画に係る条件について
   ・計画ごみ量および施設規模
   ・計画ごみ質
 2.施設整備に係る内容について
   ・整備・運営コンセプト
   ・環境保全目標
   ・処理方式
   ・余熱利用
   ・浸水・地震対策
   ・地域貢献策
 3.その他
<会議資料及び会議録>
 こちら

第1回朝霞和光資源循環組合ごみ広域処理施設建設検討委員会

<日時>
 令和3年8月19日(木)午前9時30分から
<場所>
 和光市役所5階 502会議室
<議題>
 1.事業経緯について
 2.委員会のスケジュールについて
 3.その他(次回の日程、内容等について)
<会議資料及び会議録>
 こちら

ごみ広域処理施設建設検討委員会委員会市民公募委員(応募期間終了)

ごみ処理広域化基本構想を踏まえ、朝霞市と和光市のごみ広域処理施設の整備方針等について検討を行うごみ広域処理施設建設検討委員会委員を市民公募します。

<委員構成>
 住民、識見を有する者、管理者が必要と認める者の合計15人以内
<募集人数>
 朝霞市民 1名 和光市民 1名  計2名
<任期>
 委嘱日から整備方針について管理者に答申する日まで
<会議開催>
 年5回程度を予定
<開催時間>
 昼間(9:00~17:15の間)の2~3時間程度
<報酬等>
 出席1日に付き報酬 7,000円
<応募資格>
 朝霞市又は和光市内在住・在勤・在学の満18歳以上
<応募方法>
 「応募動機」をテーマに400字程度にまとめ、住所、氏名、性別、生年月日、電話番号を記入の上
 持参又は郵送、FAX、Eメールで提出してください。
<応募締切日>
 5月31日(月)(当日消印有効)
<選考方法>
 書類審査のほか、委員の男女比、年齢、地域構成及び他の審議会の委員との兼職状況等を考慮の上
 決定します。
<結果通知>
 6月上旬
<申し込み先>
 朝霞和光資源循環組合 施設課
 住所/〒351-0192 和光市広沢1番5号(和光市役所内)
 電話番号/048-424-2253 FAX番号/048-462-7710
 メールアドレス/jimukyoku@asawa-junkankumiai.jp